~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バブーシュ⑥

バブーシュ6話目です

今日は7月18日、小中学校はもう夏休みに入ったのでしょうか・・・?
子どもが学校を卒業したくらいから、全く夏休みの感覚0

朝早く子供の声がしてやっと「あぁ、夏休みなのね~」と気づきます

今日は、底布・下をやっていきます

IMG_4034fc6


底布・上と同じサイズになります
縦半分に分け、中央に縫い目を入れます
IMG_4087fc.jpg

中央部分は返し口として少し開けておきます
左右分二つ縫いましたら片倒しにアイロンをかけます

方向が左右で対称になるようにします

IMG_4088fc.jpg

返し口の位置ですが、
たいていの場合は、まわりの一部、直線に近いところに持ってくるのですが
今回は底にハギ目を入れその真ん中にしました

丸みのある小物は、返し口の場所がとても重要になります

見た目を考えるとまわりの一部を返し口とした方が目立たずいいのですが
表に返すことや最後の縫い閉じの事を考えると
うまく返せるだろうか・・・底の形を崩さずに縫い閉じができるだろうかと
やりにくさが気になってしまいます

IMG_2552fc.jpg

底の真ん中にもってくると
多少は目立ちますが、
そこに当て布をすることで解消されることと
なにより表に返すときに簡単です

外側からはわかりにくいし、
少々うまく縫い閉じられなくても目立たない場所なので安心です

ただそれでもやりにくい場所であることは確かです

やりにくさがストレスとなって
仕上がりに満足できなくなってしまっては何にもなりません

一番やりやすい底部分を思い切って開け、
そのかわり補強としてあて布を張り付けてみました

それが正しいかどうかはわかりません

ただこのやり方だとこのキルト芯が重なって厚くなったものも
容易に表に返しやすく、また元にも戻しやすいのです

縫い込んだりして失敗したところを発見しても
さっさと直そうという方向へと気持ちを立て直すことができます

表布で補強することでハギ目を隠すこともできるし、
返し口も丁寧にやらなくても大丈夫になりました
このようなところは真剣になりすぎないで、軽くやってほしいと思います

そして重要な時のために力を蓄えていてほしいと思います

IMG_3769.jpg

今日も終日降ったりやんだりのあいにくのお天気のようです

☆これまでの復習☆

バブーシュ①裁断
バブーシュ②甲布作り
バブーシュ③かかと布と製図
バブーシュ④甲布を付ける
バブーシュ⑤かかと布を付ける




スポンサーリンク



| かんたん小物~中 | 10:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。