~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

バブーシュ②

前回は、バブーシュの裁断をやりました

小さい小物などはどうしても細かいパーツが多くなります
裁断しましたら、なくさないように箱やカゴに入れるなどしておきましょうね

せっかく苦労して裁断したのにさあ使おうとなった時になぜかない・・・
このがっかり感はかなりです

特に自分がいけないから
誰のせいにもできなくて
情けなくて悔しくてそして・・・・

もうやる気0になってしまいます・・・

そんなことにならないように
最初からしっかりと管理しましょ


今日は甲布からです
IMG_4034fc



裁断した甲布を中表に重ね、
さらにキルト芯を重ねて口側を3枚一緒に縫います

図のように上から

表布
表布
キルト芯


と重ねます

IMG_4053fc.jpg

次に、カーブを7~8㎜ほどに切りそろえ
ところどころに切り込みを入れて表に返します

IMG_4055fc.jpg

口部分に軽くアイロンをかけます
丸く形を作るように立体的になるようにかけます

ペッタリとつぶしてしまわないように気を付けましょう

IMG_4049fc

外側をピンでとめ、甲布の型紙を乗せてまわりの印をし直します

IMG_4054fc

仮止めのために印にミシンをかけます

キルト芯で厚みがあるので大きい目で縫います

裁断の時にキルト芯は縫い代を少し多めにとっているため
合わせたときに表布との差が出てしまいますね

バブーシュに限らず、小物などでキルト芯を使用すると
どうしても厚みが出て
仕上がりが上手くいかなくなってしまいます

特にスリッパなど出来上がりが立体的になる場合などは
ゆるみが必要となりますので
思っていた寸法通りに仕上がらないことがあります

最初の裁断の時にピッタリにカットしすぎてしまうことが
原因になってきます

どうしても誤差が生じてしまう事
ゆるみなどで布に余裕を持たせる場合などを想定し

裁断の時のひとまわりほど多めに縫い代を取るなどして
余裕を持たせておくことが大事です

IMG_4051fc

今日もひどい暑さでした
でも自分だけのためにクーラーは使えないと
まだまだ扇風機で頑張っております

それでも世間が35℃を超えてくると
さすがに昭和育ちの私もそろそろクーラー入れちゃおっかなーと思う今日この頃です

水分は多めにとって健やかにお過ごしください

IMG_3754.jpg

今日も酷暑の山梨県です

次はかかと布だよ


スポンサーリンク



| かんたん小物~中 | 15:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ