~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

基本のあずま袋を作りましょう

昔懐かしのあずま袋
と言っても懐かしいと思うほど使ったことはないかもしれませんが
時々目にしていると思います

昔は誰でも持っていたのでしょうね
今は、サブバックとして、ちょっとした物入れ、少量の買い物のためのエコバックとして
また一番活用されているのはお弁当用でしょうか

仕組みを知って作り方さえおぼえておけば、あとはサイズを変えていくだけ
いろいろな大きさのものが簡単にできます

あずま袋
気に入った布で作って、ひとついつものバックに忍ばせておきましょう


IMG_3933fc.jpg




容量→34×94
今回は、30㎝四方の型紙を使って作ります

まず30㎝四方で型紙を書きます


IMG_3940fc.jpg
この30×30の型紙を使用して布に形を書いていきます

裁断と印

この型紙を横1列に三枚分並べてまわりを印付けして30×90にします
さらにそのまわりに縫い代2㎝を付けて囲みます

図の中の●と●、▲と▲はあとで合わせるところになります
△印は持ち手の部分になります
印は目安となりますので、つけておいてください

これで裁断と印付けが完成しました

IMG_3942fc.jpg

縫っていきます
最初に両端を1㎝+1㎝の三つ折りにアイロンをかけてステッチをかけます

IMG_3943fc.jpg

次に、本体を縦に向け●印を合わせて縫います

IMG_3944fc.jpg

同じように、反対側の▲印を合わせて縫います

IMG_3946fc.jpg

●印と▲印それぞれ縫いましたら
角を持って袋状にします

IMG_3947fc.jpg


全体的に形を整えて
△印~▲印へ続けて三つ折りにアイロンをかけます

縫い代が多くなってしまったり、ふぞろいになってしまったりした場合は
ここで縫い代を切り揃えます

三つ折りにするので、縫い代を落としすぎないように注意しましょう

IMG_3948fc.jpg

縫い代が重なる部分は特にアイロンをしっかりとかけて
はじけないように注意してステッチをしましょう

底の部分は最後までステッチはできないので
ミシンが入るギリギリのところまででだいじょうぶです

一度作って大きさを確認しましたら
30×30の型紙を基本にして、少し大きくしたり小さくしたりして
好みで変えてみてください

ちなみに手ぬぐいを使って作る場合は、裁ち目の処理がしてありますので
両端のステッチをするだけであとの始末は二つ折りですみます
少しだけ楽チンですね(*^_^*)

IMG_3933fc.jpgIMG_2063.jpg
手ぬぐいなら28㎝四方がちょうどいいよ♪


スポンサーリンク



| かんたん小物~中 | 17:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。