~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

玉結びのやり方~の前に!

前回は基本の玉結びのやり方をお届けしました



その前に「糸通し」という大きな問題がありました

若い頃は目もよく、糸を通すくらいなんでもなかったのに
年々難しくなってきています

糸先をカットしたり、平らにつぶしたりしたところで
全く入らない時があります

早くしないと!と焦ればなおさらうまく通ってくれません

あ~ぁ~・・・と深いため息・・・


糸通しスレダーとデスクスレダーに頼りっきりな今日この頃です

IMG_3520.jpg





まずは通常の糸通し・スレダーから

IMG_3546.jpg

スレダーの先端の細い輪を針穴に差し込み
糸をかけて引き出します
以上

注意事項は・・・

先端の細い針金の輪は、本当に細くて柔らかいので
糸をかける時慎重にして、引き抜くときもゆっくり引き抜いた方がいいようです

これは裁縫セットには必ず、百均の携帯裁縫セットにも入っています
単品で買ったとしても安いです

手軽に使えますが、その分やはり消耗も早くすぐ壊れてしまいます
あくまでも非常事態用なのでしょうか

それでも疲れている時は
この細い輪さえも針穴に通らない時もあります
そんな時はもっと確実で楽なデスクスレダー(卓上糸通し器)です


IMG_3547.jpg

針穴入れ口に、針穴の方を下にして入れます

となりの溝には、寸法に切った縫い糸をかけます

そのまま横のレバーをガチャンと下げると
糸が一瞬で通っています
不思議・・・です

注意事項は・・・

針を針穴方向から入れる

針の先端から入れたくなりますが、それでは糸は通りません

糸かけも、ふわりと乗せるようにかけます

確実に入ってほしいからとぐいぐい押しつけるようにしたり
糸が張った状態になるようにと手で押さえたりしては上手くいきません

軽く針を入れて、軽く糸を乗せる、そしてレバーはしっかりをと下げる
これだけです
簡単で確実です

針を入れて糸をかけてガチャン
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
これでいいの?
あんな苦労してたのに?
これを発明した人はすごい!

ちょっと感動しました

もう何年も前、糸が通しにくくなったのを機に、この糸通し器を試しに買ってみました

目が疲れている時とか急いでいる時とかに使おう!
イライラするよりいいでしょと自分では非常事態用に用意したはずでした

しかし使い出してみるとあまりに楽で、
今では手縫いの時は必ず使っています

疲れていてもそうでなくても、縫い針とセットでいつも使います
もう針に自力で糸を通すなんて!と言いたいくらいです
もしかしたらもう針に糸が通せないでしょう・・・

値段は結構します

しかし、突然こわれたら困るのでと在庫まで用意しました
もう5~6年は経っているでしょうが、まだ壊れていませんが・・・

これで糸通しも完璧です

IMG_3522.png
針に糸を通して、何か縫ってみましょう

IMG_1955 - コピー

便利な物には流されてしまうものですね




スポンサーリンク



| はじめて手縫い | 21:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。