~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

ペタンコバックを作りましょう③

前回はペタンコバックタイプAをやりました
表裏が同寸だったので、やり方も簡単でした

今回はタイプBとして、表布が見返しに続いているタイプをやっていきます

タイプAとほぼ同じですが、サイズなどに若干の違いがありますので
注意して作業をしましょう

IMG_3283a.jpg
IMG_3275b.jpg
見返しが続きになって裏に続いていますので
表から裏はほぼ見えないようになっています

それではいってみましょう♪
ペタンコバック③タイプB内ポケット付き
持ち手作りまでやっていきます






用意するもの
表布→縦85×横50(本体表・持ち手分)
裏布→縦80×横50(本体裏・ポケット分)
接着芯→4㎝幅×80㎝ (本体・ポケット用)
(㊟普通の接着芯をサイズにカットしたものでもいいです)
多少、多めに見積もりしています

まずは型紙を作ります

表布は出来上がり寸法になります
これに裁断の時に見返し分3㎝を足します
裏布は出来上がり寸法が表布よりも2㎝短くなっています

本体中央の点線は底部分となります
持ち手点線はわの部分となります
持ち手は1本分のサイズです
縫い代は含まれていません

IMG_3249.jpg
型紙が出来上がりましたらカットして裁断にいきます

① 裁断する
IMG_3250.jpg
IMG_3252.jpg
IMG_3253.jpg
図のように縫い代を付けて裁断します

縫い代・表布は脇は1㎝、入れ口部分は3㎝付けます

裏布は、すべて1㎝の縫い代です
中心印、持ち手位置の印など忘れないように付けます

持ち手は、二本続けてとります
ポケットも同じように縫い代を付けて裁断します

全て地の目は縦方向にしてください

② 接着芯を貼ります
(接着芯については前回参照)

本体入れ口部分に伸び止めとして接着芯をアイロンで貼ります

芯は、仕上がり線にかかるように気を付けましょう
そのままアイロンで入れ口を仕上がり線で折っておきます

中心印、持ち手の付け位置なども印を表側につけなおしておきましょう
IMG_3254.jpg
IMG_3255.jpg
ポケットの口にも同じように接着芯を貼り、口を折っておきます
IMG_2982.jpg
IMG_2983.jpg
③ポケットを作ります

以前ポケットの作り方をやったことと同じになります
三つ折りしたポケットのまわりをアイロンで折っていきます
出来上がったポケットを本体裏布の所定の位置に縫い付けます
IMG_2988.jpg
IMG_3262.jpg

④.持ち手を作ります
これは前回と全く同じになります
縦半分に縫って、アイロンをかけ表に返します
表に返すのは、さいばしなど細い棒を使います
IMG_3259.jpg
IMG_3260.jpg
IMG_3288.jpg
IMG_3290.jpg
IMG_3258.jpg
出来上がったらサイズにカットし、出来上がりの印を付けましょう

持ち手が出来ましたら、本体表布に持ち手を縫い付けます
本体の持ち手位置外側に持ち手を据え、1周するように縫い付けましょう
IMG_3261.jpg
IMG_3280a.jpg

もう一度やってみるという事

タイプAとBほぼ同じ作り方になりますので
前回の繰り返しの部分が多々あります

何か新しい物作りに挑戦し、出来上がったその時
その達成感が冷めないうちにぜひもう一度同じものを作ってみてください

最初は無我夢中でやっていたものも
二度目ともなると冷静になっていろんなことがわかってきます
と同時に疑問点もわいてきます

そしてそれらを確認しながらの作業になりますので
より確実に仕上げることができるのです

今回のAとB、同じことでちょっと面白みがない・・・とは思わずに
やってみると意外な発見もあるものです

では次回は入れ口の縫い合わせからになります

IMG_2073.jpg

もう一個作ってみるかー♪


スポンサーリンク



| かんたん小物~小 | 17:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ