~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

布を買いに行きましょう②

IMG_2280.jpg

ではどんな布を買ったらいいのでしょうか?
生地屋さんへ行くといろいろありすぎてわからなくなってしまいます

布を買いに行きましょう①はこちら

自分の好みの布を選んでいいのですが
ちょっと考えてみましょう!

洋服を選ぶとき、どんな基準で選びますか?
サイズと金額と好み、TPO
そして メンテナンスも

洗濯頻度が高いか?
それなら自宅で洗濯できるか?
クリーニングか?

物作りも同じようにいろいろ考えます

柄は・・・
小物、洋服共に生成系の無地か細かい模様、ドット柄そして中~薄地タイプが無難かな
あまり濃い色の布より白系や生成系の方がおすすめです

なぜなら、布に合わせてミシン糸も準備するのですが、
たいていの人は白または生成の糸は持っているものです
ミシンのおまけにもついている場合もありますしね

材質は・・・
コットンなどで、シワになりにくい物がいいですね

布の真ん中あたりをギュッと握ってパッと離した時の
シワの寄り具合でわかります
縦方向に引っ張ってみて手応えしっかりなものもいいですね

綿とはいってもいろいろ種類がありますので
実際見てみるのが大事かと思います
反物の端に値札と共に品質表示も付いてます

たくさんの生地に囲まれて、あれこれ触りながら悩んでみる・・・

自分の好みのものを選ぶのが基本ですので
出来上がったものを想像しながら
あれこれ考えるのがいいと思います

好みが大事ではありますが、できたら最初は、チェックや格子柄、ボーダーなどは選ばない方がいいです
規則的な柄ははぎ合わせる時、その柄を左右(又は前後も)合わせる必要があります

仕上がるととてもきれいで達成感はありますが
裁断の時点から ひと手間かかる作業となります

最後に値段ですが・・・
いくら気に入った柄だからといって
やはり最初からあまり高価なものはやめて
もう少し上達してからにした方がよさそうです

せめて1mで¥1000以下のもの、そしてさらに綿素材としぼっておくと
たくさんの生地の中からでも選びやすいですし
なにより失敗しても諦めがつくかと思います

でもやはり一番大事なのは気に入った布を選ぶということ
縫いやすさや値段ばかりに気を取られて自分の好みを忘れてしまっては
本来の洋裁の楽しさは半減してしまいますから

気持ちが上がる布を買って楽しい洋裁ライフを送りましょう

| 準備 | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。