~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リボンを作ってみましょう~①

IMG_3215-1.jpg
シンプルなリボンです


前回は①②をまとめて型紙作りから裁断までやりました

型紙の確認は済んでますか?
では今回は、リボン①の作り方です




IMG_3213.jpg


前回裁断した①リボン用の布
本体リボンと中央布を準備します

まず本体リボンを縦半分に折り、印に沿って縫います
返し口として中央部分を2㎝ほどあけておきます

IMG_3184.jpg

縫ったら縫い目をアイロンで割ります
縫い目のみに軽くアイロンをかけるようにします
の部分はアイロンでつぶさないように注意します

縫い目が中央になるようにして軽く整え両端の印通りに縫います

がつぶれないように、最後まで縫いきらないで
少し手前でミシンをとめ、返し縫いをします

IMG_3185a.jpg

本体を縫い目のない方に向け、両端にアイロンをかけます
縫い目が少し見えるようにします

IMG_3185b.jpg


表に返し角を整え全体にアイロンをかけます

中央布を縫います

縦半分にして下まで縫います
つぶさないように注意しながら、縫い目を軽くアイロンをかけます

表に返して全体にアイロンをかけます
ここは既成のリボンを使用してもいいです


IMG_3186.jpg


本体リボンに中央布を縫い付けます

本体リボン裏側・中央位置に印を付けます
その印から下に中央布を表向きに縫いとめます

IMG_3189.jpg

リボンを形作ります

本体表側から中央を山折りします
次に山折り①の上下を山折り
三つの山を作ります

IMG_3190a.jpg
その状態のまま中央布を巻きつけ、裏に回します
中央布の余分な布は切り落とし、先を折りこんで縫いとめます

IMG_3190b.jpg



しっかりと縫いとめたら、中央布の間から安全ピンを差し込みます
IMG_3194.jpg
うまく差し込めない場合は、そのまま縫いつけてもいいです

まとめ

三つの山をきれいに並べて折ることが大事です
それによってリボンのヒダがきれいに出てきます

中央布は慣れないと、とれてしまったり崩れたりしてしまうのではと心配して
強く巻きすぎてしまいますが

一度ミシンで縫いとめてあるので、はずれてしまうことはありません
リボンのヒダを作りながら、安全ピンを差し入れることを想定しつつ
余裕をもって中央布を巻いていくといいでしょう

IMG_1957.jpg

やってみてね♪


スポンサーリンク



| かんたん小物~小 | 18:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。