~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

リボンを作ってみましょう~準備

布で作る手作りリボンを作ってみましょう

覚えておくと何かと便利です
いろんな場面で活躍できるので楽しみも一段と広がります

IMG_3215p.jpg


今回は、
オリジナルバージョン下リボンが付いたバージョンをやります

百均で売っている端布、50㎝×35㎝を使って
二種類仕上げていこうと思います

用意するもの

布(50×35)
型紙用紙(適量)
ブローチ用ピン・安全ピン

補足・・・型紙用紙は手元にある物なら何でも大丈夫です
ブローチ用ピンは手芸屋さんなどで売っていますが、両方安全ピンでも大丈夫です


今日は準備編、型紙作りから裁断までです





まずはリボンの大きさを決めます

① リボン

図のように、
リボンの横の長さ(○印)、リボンの幅(△印)中央布の幅(☆印)
自分の好みの大きさで設定します

IMG_3179.jpg

今回は、12㎝×5㎝サイズのリボンで設定してみました

図のような型紙を書いて切り抜いておきましょう

② リボン

こちらも同じように図に沿って

本体リボンの横寸法(〇印)、幅(△印)、中央布(☆印)①と同じ
下リボンの横寸法(◎印)、幅(●印)
これらを好みの寸法に設定します
IMG_3180.png
①リボンと同じ大きさに設定しました
こちらも型紙を書いて切り抜いておきます

IMG_3181.jpg

図内の矢印は布の方向を表しています

中央布は縦方向にとりますが
他は全てバイヤス方向で裁断します

多少縫いにくさはありますが、布が多方向にいい具合に伸びてくれるので
出来上がった時の失敗が少ないです

また布選びですが、百均で買った布、縦50㎝横35㎝と小さい布です

作る物も小さいので、できるだけ細かい柄の物をおススメします
規則的なもの、ドット、ギンガム、小花模様などで、あまり薄すぎないものがいいです


IMG_3210.jpg

では裁断です

まず、縦25㎝横25㎝をはかり、斜めに線を引きます
これがバイヤス線となります

この線上に先ほど作った型紙を置きます

型紙に沿って印を付けたら
まわりに全て縫い代(1㎝)を付けて書き加えます

① ②リボンの型紙3枚は全てバイヤス方向で裁断しますので
図のように斜め方向に置く形になりますので注意しましょう

中央布(4×5)は縦方向に裁ちますので、
布の方向に注意して型紙を置きましょう

こちらも周りに縫い代(1㎝)を付けます

印が付きましたら、カットします

IMG_3213.jpg
IMG_3214.jpg
リボン①と②でこのように裁断できました

型紙について

型紙も最初は面倒だと感じるかもしれません
型紙を使わずに布に直に書くやり方~直裁ちも悪いわけではありません

型紙におこすことで些細な間違いに気づいたり新たな発見があったりします
なにより二度三度と同じものを作ったりするときはとても便利です

時間の短縮になりますので、型紙を作ることをルーティンワークに取り入れましょう

裁断も終わりました
これから縫いに入りますが、その前に型紙を確認しましょう

ついつい早く仕上げたい気持ちが先走り、
裁断後は、型紙をその辺に置いたままにしてしまいます
そしてどこかへ紛れ込んで(小さいものはゴミと共に)無くなってしまいます

そうなる前に、まずはいったん落ち着いて、型紙を整理しましょう
① リボン、12㎝幅など、覚え書きを挿絵と共に書いておくと後でとても便利です

ついでに残った布もまとめて、使ったペンや定規やハサミなども端に寄せて・・・
と縫う前にひと呼吸おいてやりはじめるといいです

では、明日は①リボン
楽しみにしていてください



スポンサーリンク



| かんたん小物~小 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ