~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

竹の持ち手バック~準備と裁断

竹バック

四角の布で作ります

脇のゴム入れと持ち手のギャザーで
このように立体的なバックになります

ちょっと不思議ですね

詳しい作り方を順を追って載せていきたいと思います

全体の工程はこちらから見られます
↓↓↓
竹の持ち手バック





用意するもの

竹バック

表布72×66
薄い布だとやりやすさはありますが、
柔らかすぎてへたってしまいます
また内布によっては柄が透けたりしてしまいますので
あまり薄すぎず、少し張りがあるものがいいかと思います
絵柄につきましては、内布とのバランスを考えて選びます

内布60×60
こちらは少し薄めの布の方がやりやすいかと思います
表布が厚い場合は少し薄めに
表布が薄い場合は少し厚めのものを選ぶなど
表布とのバランスを考えて選びましょう
絵柄についても同じです
表布に透けてしまうかどうか確認しましょう

ポケット・・・14.5×17(12.5×15のポケットとして)
タブ・・・10×8を2本分
こちらは内布と同じもので作ります
表布で作ってもまた別布にしてもいいです

持ち手・・・φ16㎝竹の持ち手
竹製以外に、木製、プラスティックなどでも可能です

マグネットホック・・・14㎜



製図です

60×60で型紙を作っておきます

竹バック

裁断です

表布は上下に6㎝の縫い代、両サイドに3㎝の縫い代を付けて裁断します

内布は縫い代はつけないで、型紙の大きさに裁断します
竹バック

表布

表布の裏側に型紙を乗せます
まずまわりの出来上がり線を引き
その後縫い代を付けて裁断します

竹バック
竹バック

内布

同じように内布の裏側に型紙を乗せます
縫い代はつけないで型紙通りに裁断していきます

中央から9㎝下がったとこにポケット印をしておきます

竹バック
竹バック

ポケットとタブも図のように裁断しておきます

これで裁断ができました

持ち手は竹製ではなくてもプラスティックや
また色味もいろいろ変えてもいいかもしれません

今日はこれで♪

ぶひ子 さくら






スポンサーリンク



| かんたん小物~中 | 17:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ