~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

竹の持ち手バック

<竹の持ち手バック>

竹バック

竹の持ち手を使ったバックです
型紙が正方形でサイドをゴムで縮めることで
バックの形になります




作り方詳細は以下になりますので参考にしてください

準備と裁断
ポケットとタブ
合わせ
ゴム入れ
持ち手付け準備
仕上げ



<製図>

竹バック

60×60で型紙を作っておきます




<裁断>

竹バック



表布・・・まわりに縫い代を付けて裁断します
入れ口部分は6㎝、脇は3㎝それぞれとります








内布・・・縫い代なしで裁断します




<用意するもの>

竹バック

布・・・表布72×66(綿)
   内布60×60(綿)
   (布の厚さ→表布>内布)

持ち手・・・φ16㎝(竹など)
ゴム・・・1m(1㎝幅)
マグネットホック・・・1個(14㎜)




<作り方>

竹バック

表布を裁断します

表布裏側に型紙を置いて
出来上がり線を書きます
そのまわりに縫い代を付け裁断します




竹バック

裏布は型紙を置いてそのまま縫い代なしで裁断します




竹バック

ポケットとタブも裁断します

ポケットは12.5×15




竹バック

ポケットを作って内布に縫い付けます




竹バック

マグネット用タブを作ります

8×10(縫い代なし)を縦二つに折って1㎝で縫います

アイロンをかけて表に返し、マグネットを付けます
二つ折りにして仮止めします




竹バック

表布に内布を乗せて仮止めします

脇をアイロンで三つ折りし、端をステッチします
ゴム通し口になるのでできるだけ端を縫います




竹バック
ゴムを通していきます(50×2)

入り口はゴムの端ギリギリでとめ洗濯ばさみなどでとめ
端から12㎝のところにステッチし、ゴムと本体を縫いとめます

出口はゴムを5㎝出したところで洗濯ばさみなどでとめ
同じように端から12㎝のところで縫いとめます




竹バック

ゴムが入りました




竹バック

持ち手の入れ口を作ります

上(縫い代6㎝のところ)を1㎝+5㎝で折ります

合印をします
持ち手を入れながらの作業になりますので
しっかりとわかるように合印を入れていきます




竹バック

中心にマグネットがついたタブを表向きに入れます




DSC00136.jpg

ミシンで縫っていきます

持ち手を立てるようにして
少しずつ合印を合わせながら慎重に縫い進めます




DSC00139.jpg

縫いはじめと終わりに気を付けて
裏側がはみ出さないようにしましょう




竹バック

完成です




<完成>

竹バック

持ち手を変えるとまた違った感じになります

ゴムの長さを変えたり
また持ち手の大きさも変えたりしてみると
感じが変わります
布の選び方によってもだいぶ印象が変わります





スポンサーリンク



| ハンドメイド作り方 | 21:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ