~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コップ入れB~裁断から縫いへ

IMG_2504.jpg

コップ入れB裏付きのコップ入れです
表裏続きの仕立てになっていますので
ジグザグミシンなど裁ち目処理がいりません

コップ入れとしてだけでなく、
ちょっとした物入れとして使用も可能です

全体の工程はこちらから
↓↓↓
コップ入れB

また型紙はこちらからダウンロードできます
↓↓↓
コップ入れの型紙(A4サイズ1枚)


※2015年5月8,9日の記事をコップ入れ用に書き直したものです

元記事はこちらです
参考にしてもらえるとありがたいです
↓↓↓
かんたん裏付き巾着(小)
かんたん裏付き巾着(小)つづき



コップA17


出来上がりが18×15の小さい巾着ですが

    
コップB25

展開図は×4となります
表と裏の生地の合計ですので
4倍必要という事になりますので注意してくださいね

用意するもの

布・・・38×32(裏付きなので薄めの布がおススメです)
ひも・・・・・60㎝(アクリルコードなど) 
ウッドビーズ・・・1個(16㎜)
(またはループエンド・・・1個(15㎜))
コップB1

裁断していきます

コップB2
布の裏側に型紙を置いて印をしていきます

まずは右側、
型紙の上部分が中央にくるように置き、まわりを書きます
次に左側、同じように書きます

全部で型紙4つ分が縦横に並んだ形となります
ひも通し口も忘れずに印をします

コップB3

わの部分を折りたたみ、中が表になるように二つ折りにします
印を合わせ、まわりを縫っていきます

コップB4
図のように周りを縫っていきます
中央のひも通し口は縫わないでおきます

こちらはひも通し口ですが
返し口にもなります

アイロンをかけていきます
長い辺(脇部分)をかけます
こちらはひも通し口がありますので割っていきます

片方が、で筒状になっているので
アイロンがかけにくいですね

ポイント
↓↓↓
これに限らず、縫い代を割る場合、
工程が進んでくると平置きしてしっかりかけることが難しくなります
そんな時は図のように、両側に折り倒すようにするといいです

IMG_2301.jpg

アイロンは物作りの上で、とても重要です

基本的にシワを伸ばすためのものですが
ハンドメイドの工程では、
その他に縫い代を割ったり、折り目を付けたり、部分を形成したり
また接着芯やテープを貼ったりするような

いろいろな役目があります

縫う事とアイロンかけはセットです

アイロンがきれいにかけられると縫いもスムーズに進み
仕上がりもワンランクアップします

紙のように!を頭に入れてしっかりかけると
後の作業がやりやすくなります

アイロン作業を省略しないでね!

ぶひ子 アイロン

今日はこれで♪


スポンサーリンク



| 新学期準備 | 20:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。