~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

布ループを作ってみましょう・前半

シンプルなジャケットや、かわいいブラウス、そして袖口などに
ボタンホールの代わりに使われている布の細いひもの事です

ボタンホールの必要がなくなりますし、何より仕上がったらすぐ着られるところが魅力です
IMG_2912.png


同じループでも使い方によってだいぶイメージが変わってきます
可愛くなったりシャープになったり。

ループ返しのように専用の道具も市販されていますので
そちらを利用されるのもいいですが

ここでは針と糸を使った作り方を説明していきます

前半は縫いです




まずは準備です

布ループはバイヤス方向でとります

以前、布には縦と横、そしてバイヤスがあるというお話をしました
IMG_2280.jpg

この一番伸びるバイヤス方向を使用します

図のように縦と横同寸の★点をつないだ線がバイヤスとなります
IMG_2913.jpg

ここでは★を20㎝にして縦横20㎝をそれぞれとり直線でつなぎます

さらに3㎝の幅でバイヤス線を引きます

だいたい3×25㎝ほどのバイヤステープができます

線を引いたり切ったりしているうちにも
バイヤスなので若干伸びてしまいますがその辺はあまり気にしなくてもいいでしょう

縫っていきましょう
IMG_2927.png
裁断したバイヤステープを縦半分に二つ折りにして縫っていきます

縫いはじめは広めの6~7㎜で縫い始めます

その後はすぐ3~4㎜の幅で最後まで縫っていきます

細いうえにバイヤスなので伸びて多少縫いにくいかもしれません

伸びることを想定したうえでのことですので

自然に伸びてしまうことに逆らうことなく
無理に伸びないように縮めたりしないで


3~4㎜をキープしながらそのまま縫い進めてください

縫い終わったら縫い代を3㎜にカットし先端も三角部分をカットしておきます

次回は、これを糸と針を使って表に返してループを作っていきます
図を参照に、ぜひ一度やってみてください




スポンサーリンク



| 部分縫い | 17:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ