~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コースターをつくりましょう~完成へ

IMG_5267.jpg

前回の角入れはいかがでしたか?
これをやることで、仕上がりにグンと差がでます
あらかじめ折っておくことで中でゴロゴロするのを防ぎます

最初に折りたたんだように
内部でもきれいに折りたたんだままだと角がすっきりしますし

中もちゃんと折りたたんであると想像すると
何より気持ちがいいです

あとは待ち針や目打ちなどで慎重に角を出して
きれいな直角になるように整えていきます

返し口として縫わずにあけておいたところも
縫い代を中に折りこみ、角が直角となるように整えます


IMG_5251.jpg
IMG_5253.jpg

今日はステッチをかけて仕上げます



これまでの流れ

ミシン準備
試し縫い
型紙作り
布選び
裁断
縫う
手アイロン


コースターの型紙はこちらです⇒






IMG_5340.jpg

まわりをステッチしていきます

ステッチとは布と布とを合わせた後
その縫い目を落ち着かせたり、また飾りの役目もする縫い目の事です
洋服などで襟や袖口、またポケットまわりなどにみられる縫い目の事です

IMG_3505.jpg
ミニハンカチ→こちら

IMG_2853.jpg
箸ケース→こちら

小物類ではこのようなものになります

それでは、ステッチしていきましょう
今回は1~2㎜の細ステッチをします

コースターステッチ1


今回のコースターのように1周ぐるりとステッチをかける場合
返し縫はしない方がすっきりしあがります

1辺の途中から出発し、1周回って元のところに戻り
同じところを2~3㎝重ねて縫いそのまま切ります
 
返し口のところは口が開いてしまわないように重ねて上からミシンをかけます

角に注意しましょう

特に、角のところから出発することは避けましょう
角の部分は厚みがあります

性能のいいミシンでも厚いところからの始まりはどうしても無理がかかります

辺の真ん中くらいの一番薄いところから出発し
そのまま角へと進んだ方が上手くいきます

MINF0310.jpg

コースターステッチ

角の縫い方も、中を縫った時と同じように
少し手前で止め、あとは手回しで角まで進み

針を刺して押さえを上げ

方向転換し押さえを下げます


その後再出発ですが、角の厚いところですので
少し手回しで針をすすめたところで再度出発していきます

角からすぐにミシンをはじめると
厚みで進まず、その場で同じところを縫ってしまったり
止まってしまったりして不具合が起きます

そんなことにならないように慎重に進めていきましょう

厚い角は要注意です

また、ミシンの調子がよくついつい角を飛び出してしまった場合も
慌てて糸を切ってしまったりせずに
そのまま元の位置に戻れば大丈夫です

きれいな直角ステッチにはなりませんが
図のような程度なので気にしないでいきましょう
(細いステッチの場合ですが・・・)
IMG_5257.jpg

IMG_5262.jpg


これで仕上がりました

IMG_5263.jpg

今日はステッチの話や手アイロンの話、いろいろと盛り込んでついつい長くなってしまいました
講座ではその都度お話させてもらっていることを
こうやって文字にすると、こんなに長くなってしまうんだなーと感じています

自分では当たり前に知っていることも
それがすべて人様に当てはまるのか。。。ということを
もう少し考えながら、講座やブログに生かしていきたいと思います

超簡単コースター♪
いろいろと伝えたいことが多すぎて長くなってしまいましたので
もっと簡単にまとめて次回お届けしたいと思います

今日はここまで\(^o^)/



スポンサーリンク



| コースター | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。