~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

コースターをつくりましょう~裁断しよう

今日もいい天気
今年はガン子の出産があるので
暮れはいろいろ思うように進まないことも増えてくるかと思います

一番気になるのが大掃除(>_<)
12月入ると暖かい日を選んで少しずつ進めていくのが毎年なのですが
今年はさらに早めにもう今からやりはじめています

ある日は窓2枚
そしてある日はドアのみ、トイレのみ、風呂場の鏡のみ。。。(笑)
そんな感じで気付いた時にちょっとやって
最終的に暮れまでに全工程が仕上がればいいかな・・・
その頃には最初やったところがまた汚れてきたりして(笑)

ま、気の持ちようで!!

IMG_5233.jpg

いよいよ裁断、そして縫いへと進んでいきます



これまでの流れ
ミシン準備
試し縫い
型紙作り
布選び


コースターの型紙はこちらです⇒






裁断していきます


用意した布を裏側に向けて置きます
その上に型紙を乗せます

㊟布の縦横は長い方を縦にもっていってほしいです
が、小さいものですので特に気にしないで
斜め↗に置いたりしない事のみ気を付けましょう

布縦横についてはこちらでも書いてます⇒


今回の型紙は仕上がり線のみ書いてありますので
縫い代1㎝をまわりに付けて書いていきます

コースター製図

今回のコースターは縫い代1㎝ですので
型紙のまわり1㎝の余裕があるように乗せましょう

角などをうまく利用して位置を決めましょう

ここで型紙を布にとめます

待ち針でとめるのも一つの方法ですが
今回は家にあるもので
例えば小さい器やグラスなどを乗せて重石のかわりにします

簡単な物の場合はこんなふうにしてもちょっと楽しいかもしれません

コースター裁断

型紙を乗せたら型紙に沿って仕上がり線を書いていきます
布に鉛筆などで書いていきますが
紙と違い、布がちょっとしたことで動いてしまいます

特に今回は重石にグラスを使っているので余計に動きやすいですね

曲線の場合は、何とか注意してなぞっていくしかないのですが
直線の場合は、ポイントの印をしてその印と印を結んでいきます

IMG_コースター


コースター裁断2

その後、定規で赤点を結んで仕上がり線とします
このようにすると、まっすぐ直線を引けると同時に
縫い合わせの時、角の位置がはっきりとわかりますので
方向転換がやりやすくなります

仕上がり線が引けましたら、縫い代1㎝をつけてまわりにカット線を書きます
できたらカットします

IMG_5235.jpg

これで裁断ができました

最初は一から順番に
ゆっくりやっていくのが大事ではありますが
二度三度と作業を重ねるうちに、工程がわかってきます

そうすると同じ作業でもだんだんと手際が良くなって
早く仕上げることができるようになります

そのうち、印の直線は省略し赤丸●のポイントのみにしたり、
何枚も一度に裁断したりとかしても
なかなかの出来栄えになってきます

何度も繰り返しやってみる
上達するにはそれしかありません

今は少々面倒だと感じるかもしれませんが
まずはゆっくりやってみましょう

一度作ってみて
今度は布の色や柄を変えて
たのしみながら何枚も作れるといいですね

IMG_5267.jpg

次回はやっと縫いに入ります

今日はここで(^o^)/


スポンサーリンク



| コースター | 20:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ