~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラミネートでポーチを作ろう!

先日の講座でラミネート生地を使ってのポーチ作りをやったお話をしました
みんなとてもうまくできました~(*^。^*)

ラミネートというとなんだか急に難しいような気がして
自分ではなかなか挑戦しようとは思いません!と皆さんおっしゃておりました(´・_・`)

それでも何かのきっかけで一度やると
その便利さにハマってしまうものです

それでも製作するにあたって
ちょっとだけ注意点もありますので
それを踏まえてこの機会に挑戦してください

ラミネート生地を使ってポーチを三種類作ってみましょう

IMG_5066.jpg

fc2blog_201510111419450a5.jpg


はじめに

 ラミネートは通常の布にビニールコーティングの特殊加工を施してあります 

水をはじくので、濡れてほしくないものを入れるのに便利です

 製作課程では、

切りっぱなしでもほつれないので 

裏付けの必要がないといった長所がある反面 
短所としては、縫い返しがきかない、アイロンが使えないなど 注意が必要となってきます

 この3種のポーチは形は異なりますが ファスナーの付け方はどれも同じです 

ファスナーのサイズや布の使用量、縫い方を変えるだけで 全く違ったものが仕上がります
 

それでも気になるのは・・・
自分の今のミシンで縫えるのだろうかという事だと思います

 表面がビニールになっているので

 普通のミシン押さえではすべりが悪く その場で足踏み状態になって進みません
 ラミネート用のテフロン加工の押さえを使用したり

 またはハトロン紙を使用して、

 本体布と押さえの間にはさんで縫ったりというような工夫が必要です
 しかしながらそれもこれも面倒という時のために

今回は、通常の押さえを使ってできるような工程を考えました

 50×50のラミネート生地を使って三種類の異なるポーチを作ってみましょう

IMG_5065.jpg
用意するもの
 ラミネート生地・・・50×50

 ファスナー・・・3本(テトラ用13.5)(ペタンコ用17)(ペンケース用21.5)

 ボンド・・・ファスナー縫い代用

 布製接着テープ・・・縫い代始末用

 クリップ・・・適量

 尚、大きさは好みで自由に設定できますが、今回は、50×50の布に入るように考えました

  製図ラミネート図を参考に型紙をかいてみましょう

出来た型紙を作って裁断します

型紙は・・・

たとえ簡単なものだとしても作っておくととても便利です

特に四角いものなどはその度、直に布に描くよりも

直角が簡単に取れるのでおススメです

型紙ができたら裁断します

布の方向はバイヤス以外であれば縦横どちらでも大丈夫です

布の絵柄優先で決めてみましょう

まわりに1㎝の縫い代を付けて裁断します

準備ができたらまずテトラポーチから作っていきます

次回は、ファスナー付けについてです*\(^o^)/*

良い週末を~(*^_^*) ぶひ子 いちょう


スポンサーリンク



| かんたん小物~小 | 19:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。