~あおい洋裁講座へようこそ~

洋裁の事、簡単ていねいに♪

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

簡単コサージュB

一気に冷え込んだ朝でしたね
まるで冬のよう・・・(大げさ)

いやいや冬の朝はいいですよ
寒ければ寒いほどいいですね

枕草子でも【冬はつとめて・・・】とあります
よく冷えた早朝は空気がピンと張っていて
気持ちがシャキッとします

昨日はコサージュAをやりました

針と糸を使わないでしばって終わり!みたいで簡単だったと思います

今日はコサージュBとして
針と糸をちょっとだけ使って作るコサージュです

Aよりもちょっとだけ難易度は上がりますが簡単です

今回も赤系布を集めて作りました

IMG_5026b.jpg





糸と針、ほんの少しでコサージュ作り

用意するもの

端布花びら用・・・花びら2枚の場合→直径約8㎝、5㎝
           3枚の場合→ 8㎝、6.5㎝、5㎝
端布花芯用・・・15×4
端布飾り布用・・・レースやひも状の細い布
額用フェルト・・・直径5㎝ほどの円

型紙作りをつくります

花は6枚の花びらを合わせた形にします
6枚の花びらになるように
フリーハンドでまたは6等分に折りたたんで
重ねて切るなどして作ります

正確に6等分するよりも、フリーハンドで多少ふぞろいにした方が
味が出ていい感じにまとまります

IMG_5055.jpg

裁断します

花びらをどんな布で作っていくか考えます

柄ばかり集めてもいいけれど
中に1枚無地を入れると全体的に締まっていい仕上がりになります

下に付ける飾り布も長さや種類など
だいたいのイメージを考えてカットしておきます


IMG_5056.jpg

花芯作りです

花芯用布を縦半分に折り端をぐし縫いします

の部分に約3~4㎜間隔に切り込みを入れます
正確にするよりは、少しふぞろいな感じの方がいいです

ぐし縫いを少し縮めるように糸を引きながら
端からクルクルと巻いて花芯を作ります

最後はまわりを芯に巻きつけて
中心を貫通させてとめます

IMG_5057.jpg

花びらを合わせていきます

花の形に切った本体2~3枚を
花びらが重ならないようにして中心で合わせ
直径3㎝くらいの円を描くようにぐし縫いする

花の中心に花芯を乗せ糸を引いて
花芯を包み込むようにしぼります

花の裏を向け花芯と花びらを一緒に
グルグルとしっかり巻いてとめます

これで本体の花ができました

最後の仕上げです

飾り布を付ける場合はここで裏にボンドで貼り付けておきます

額用に用意したフェルトに安全ピンをあらかじめ縫い付けておきます
安全ピン付きのフェルトのまわりをぐし縫いし
花の裏の花芯部分を包むようにして縫いとめて仕上げます

IMG_5026b.jpg

ちょっとだけ針と糸を使いました
芯を貫通させるところは、固くて針が入りにくく
強く押してしまった反動で指を刺してしまう!!!という事になったりします

針は十分気を付けましょうね

小さいものなのでしっかりつまんで固定しておくこと自体が大変な事でもあります
つまんでそして縫っていく・・・
決して難しいわけではないけれどやりにくくストレスのたまる作業ではあります


花びらを重ねる時
花芯を花びらの中心に乗せて包み、そして縫いつける時
また最後の額の縫い付けもしっかりと真ん中にきれいに包みたいなど・・・

こんな時はボンドなどで軽く貼り付けておくと作業が楽です

すぐにやってしまいたい気持ちはわかりますが
こんな簡単なものだからこそ、しっかりと仕上げておきたいです

速乾ですのでほんの少しの時間です
ちょっとひと呼吸おいてそして次の工程に進む

心の余裕を持ってやりましょう~

今日は3連休の初日
どんな休日を過ごしているのでしょうか

私は今日はパソコンと格闘!
そして明日は洋裁講座!
最終日はガリ子の引っ越しの手伝い!

行楽とは無縁ですが
与えられた仕事があることに感謝です

これホント!走るよ~!

ぶひ子 走る






スポンサーリンク



| かんたん小物~小 | 21:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。